RSS | ATOM | SEARCH
「かるがも日記」最終章・・・
我が家にカルガモのヒナが来て4日目。悲劇は突然訪れた・・・

今朝は仕事の関係で6時起床。トイレに行く為、廊下の電気を点けるとカルガモがダンボール箱からピーピーと目を覚まし鳴きはじめた。次男もその声で起きだしリビングに連れて行き遊んでもらっている。次男の洋服の中に潜り込んで「くすぐったいよ〜」と朝から大ハシャギである。エサも元気に食べ糞もよくする・・・(笑)

最近家族の話題の中心はいつもカルガモの事だった。
「カモは15年も生きるんだってよ」「よく馴れると車で出かけると飛んで付いてくる事もあるらしい」「エサは何をあげればいいの?」「合鴨業者に知り合いがいるから聞いてみる」などなど

小さく可愛らしい姿にみんな癒されていた。

しかし10時頃嫁さんから電話があり「足の骨でも折れたのか?ヨタヨタしている」とのこと。近所の動物病院に電話すると鳥は専門外らしく「うちではお役に立てないかも?」とやんわり断わられ、違う病院に電話すると偏ったエサばかり食べさせていると栄養失調でそのような状態になることがあると言われ鳥に詳しい動物病院の連絡先を教えてもらった。

しかし・・・

嫁さんの携帯に次男から「カモが死んじゃったよ・・・」と電話が入った。「パパ、カモって長生きするって言ってたじゃん・・・」
朝はあんなに元気だったのに
もともとはぐれヒナだったので体が弱かったのだろうか?
短い付き合いだったが家族全員に笑顔を与えてくれた事に感謝している。

ブログでこれからの成長期を公開して行こうと思っていただけに残念です・・・


安らかに眠れよ
author:310, category:かるがも日記, 17:04
comments(5), -, -
カルガモのヒナ パート2
昨日次男が拾ってきたカルガモのヒナですが携帯画像では映りが悪いので続報です。
なかなかの癒し系ぶりですっかり我が家の人気者♪
ネコに襲われてもいけないので(カラスなども小さいうちは天敵のようです)小さいうちは室内で飼育する事に。
人が歩くとヨチヨチと後を追いかけてきます(笑)

小さくてフワフワ!手のひらサイズの大きさがよけいにカワイイ♪

ひょいと人の顔を覗き込む姿に家族全員笑顔がこぼれます。
author:310, category:かるがも日記, 08:34
comments(0), -, -
珍しい拾物
今日次男が学校の帰り道何やら段ボール箱を抱えて歩いている。
中には新聞紙が敷かれていて「ネコか犬を拾いやがったな」と思いながら中をのぞいてみるとナント!カルガモのヒナである。
道路の端を逃げるわけでもなくヨチヨチと歩いてたらしい。


ネットで調べてみると人にも馴れアヒルなどと同じ要領で飼えるらしい。また家もハトなどのように覚えるようで放し飼いも可能。近所には田んぼ・沼・河川も豊富にあるので飼ってみるのも面白いかも♪エサも大人になれば勝手に取れるし(笑)
都会でアヒル・カモを飼育している人も多いようでネット上にそれらに関するホームページも多数存在している。でもこのあたりの田舎と違い飼育にはけっこう手間がかかるようだ。

数年前に丸の内?でしたかカルガモ親子が話題になりましたが現在はどうしているのでしょう?多摩川のタマチャンなんてアザラシも最近聞かなくなっちゃたし。人の心は移ろい易いもの?それとも完全に姿を消してしまったのか?
author:310, category:かるがも日記, 23:39
comments(0), -, -