RSS | ATOM | SEARCH
珍しい拾物
今日次男が学校の帰り道何やら段ボール箱を抱えて歩いている。
中には新聞紙が敷かれていて「ネコか犬を拾いやがったな」と思いながら中をのぞいてみるとナント!カルガモのヒナである。
道路の端を逃げるわけでもなくヨチヨチと歩いてたらしい。


ネットで調べてみると人にも馴れアヒルなどと同じ要領で飼えるらしい。また家もハトなどのように覚えるようで放し飼いも可能。近所には田んぼ・沼・河川も豊富にあるので飼ってみるのも面白いかも♪エサも大人になれば勝手に取れるし(笑)
都会でアヒル・カモを飼育している人も多いようでネット上にそれらに関するホームページも多数存在している。でもこのあたりの田舎と違い飼育にはけっこう手間がかかるようだ。

数年前に丸の内?でしたかカルガモ親子が話題になりましたが現在はどうしているのでしょう?多摩川のタマチャンなんてアザラシも最近聞かなくなっちゃたし。人の心は移ろい易いもの?それとも完全に姿を消してしまったのか?
author:310, category:かるがも日記, 23:39
comments(0), -, -
Comment