RSS | ATOM | SEARCH
「かるがも日記」最終章・・・
我が家にカルガモのヒナが来て4日目。悲劇は突然訪れた・・・

今朝は仕事の関係で6時起床。トイレに行く為、廊下の電気を点けるとカルガモがダンボール箱からピーピーと目を覚まし鳴きはじめた。次男もその声で起きだしリビングに連れて行き遊んでもらっている。次男の洋服の中に潜り込んで「くすぐったいよ〜」と朝から大ハシャギである。エサも元気に食べ糞もよくする・・・(笑)

最近家族の話題の中心はいつもカルガモの事だった。
「カモは15年も生きるんだってよ」「よく馴れると車で出かけると飛んで付いてくる事もあるらしい」「エサは何をあげればいいの?」「合鴨業者に知り合いがいるから聞いてみる」などなど

小さく可愛らしい姿にみんな癒されていた。

しかし10時頃嫁さんから電話があり「足の骨でも折れたのか?ヨタヨタしている」とのこと。近所の動物病院に電話すると鳥は専門外らしく「うちではお役に立てないかも?」とやんわり断わられ、違う病院に電話すると偏ったエサばかり食べさせていると栄養失調でそのような状態になることがあると言われ鳥に詳しい動物病院の連絡先を教えてもらった。

しかし・・・

嫁さんの携帯に次男から「カモが死んじゃったよ・・・」と電話が入った。「パパ、カモって長生きするって言ってたじゃん・・・」
朝はあんなに元気だったのに
もともとはぐれヒナだったので体が弱かったのだろうか?
短い付き合いだったが家族全員に笑顔を与えてくれた事に感謝している。

ブログでこれからの成長期を公開して行こうと思っていただけに残念です・・・


安らかに眠れよ
author:310, category:かるがも日記, 17:04
comments(5), -, -
Comment
310さん この度は残念でしたね(T_T)

こちらも家族で成長を楽しみにしていた分残念です。
でも生き物には必ず寿命があるじゃないですか!
きっと子鴨は自然界で生き抜く為には体力が無く親から見捨てられた時に新しい運命として息子サンに拾われ優しい家族の中で新しい人生を少しの間でも満喫できたのでは?

きっと感謝してると思いますよo(^-^)o
横芝のスノーマン, 2008/05/31 8:06 PM
横芝のスノーマンさん毎度・・・

以前にブログでもエントリしましたが、ツバメが部屋に巣を作ろうとして嫁さんとのバトル!(笑)キジバトが庭の植木に巣を作り台風で落下。数日間、家で面倒を見て巣に返しましたがまた再度台風で落下!死亡・・・。
店舗に巣作りしているツバメが2組。そのうち1組の1匹のツバメが巣作り中に目の前で落下!鳥インフルエンザ?と思い触りませんでしたが無事巣作り再開。ホッ!鳥と相性悪いのかなぁ〜?
でも今回のカルガモちゃんには家族全員癒されました!ホント感謝している!(涙)
安らかに眠ってくれよぉぉぉ

あっ!そういえば嫁さんは酉年だ!・・・(汗)
厄を背負ってくれたと思って前向きに考えよう
管理者, 2008/05/31 10:53 PM
残念でしたね・・・・可愛かったでしょう。
子供達もショックだったでしょ・・・
でもそういった大事なものを失うって事も貴重な
経験だったりするから。
パパさん、がんばってください!
noriomi, 2008/06/01 9:55 AM
残念ですね〜。推測ですがその拾われた鴨は体がもともと弱く親から見捨てられたのかも知れませんね・・
 ツバメが巣を作る家は栄えるなんていいますから〜 商売繁盛!!家もツバメきてくれないかな〜
123どえ〜, 2008/06/02 1:22 PM
noriomiさん毎度♪
会うは別れのはじまり。でも早すぎた・・・

123どえ〜さん毎度♪
野生の世界では弱肉強食。弱いものには死が待ち受けている
人間くらいなものですよ可愛そうと言って可愛がるのは。でも動物と人間の違いは心や道徳心を持っていること。それが無くなれば人間もただの動物です。

今夜あたり美女が「一晩宿をお借りできますか?」なんて現れても嫁さんがいるしなぁ〜(笑)
管理者, 2008/06/02 3:03 PM